【新潟市版】初めての注文住宅丸わかりガイド » 新潟で注文住宅を建てる際の選び方に注目 » 工務店のほうが安い?価格に関するメリット

工務店のほうが安い?価格に関するメリット

工務店で価格を安く抑えられる理由は?

安い材料を使って施工できる

例えば、建物の中でも面積が広い内壁の仕上げはコストダウンしやすいポイントです。内壁の仕上げ方法にはさまざまな種類がありますが、クロス仕上げがもっとも低コストです。

床材も、張替え前提の子供部屋は最初から安価な材料にする、洗面所の床などは安価なビニール素材にしておくといった工夫でコストを抑えられます。

間取りや建物の構造を工夫して安くできる

「面積を小さくする」もコストを抑える基本的な考え方です。面積を小さくするには、間取りをシンプルにするといいでしょう。できるだけ間仕切り壁をなくせば建具にかかるコストをカットできるうえ、生活動線もシンプルになります。例えば、水回りの設備をできるだけ同じ場所に集めれば配管工事にかかるコストを抑えられるのです。

広告費の少ない工務店ならコストを安く抑えられる場合も

コストが高い傾向がある業者には、広告費を多くかけているという特徴があります。しかし、小さな工務店でも、広告費をまったくかけていないわけではありません。

大々的な宣伝などはしていなくても新聞の折り込み広告や新築見学会などは行っており、その費用がコストに上乗せされます。その中でも見学会は、スタッフの配置や見学会のお知らせ、施主へのお礼など大きな費用が必要です。

大手メーカーと比較すると工務店の広告費は半分程度であることが多いですが、広告費がまったくかかっていないわけではありません。

安さだけで選ばないよう注意

大手メーカーよりもコストが抑えられるというイメージのある工務店ですが、必ずしも安く抑えられるとは限りません。そもそも、コストを抑えることだけを目標として工務店を選ぶのは危険です。コストを抑えようとするあまりに肝心の住宅の機能が失われたり、粗悪な素材を使っている悪徳業者に関わってしまったりしては意味がありません。

そうしたトラブルを避けるためには、単にコストを安く抑えるのではなく、コスト削減について真摯に話し合ってくれる、信頼できる工務店を見つけることが大切なのです。

新潟市内で「長期優良住宅」を建てられる 注文住宅会社4選
  フクダ
ハウジング
ナレッジ
ライフ
プラネット
ホーム
オフィス
Hanako
耐震等級
耐震等級 2相当 2相当 - 2相当
断熱窓
断熱窓 ○ - ○ -
床下換気
床下換気 ○ ○ - ○
事例01 フクダimg_01

引用元:フクダハウジング公式HP(https://fukuda-housing.com/housing/works/20190324_568.html)

ナレッジimg_01

引用元:ナレッジライフ公式HP(https://www.knowledge-pure.com/co_photo/dvF20151227135728-235.html)

プラネットimg_01

引用元:プラネットホーム公式HP(https://www.planethome-web.com/wor/1654/)

Hanakoimg_01

引用元:オフィスHanako公式HP(https://www.hanako39.jp/gallery/details_240.html)

事例02 フクダimg_02

引用元:フクダハウジング公式HP(https://fukuda-housing.com/housing/works/20190324_568.html)

ナレッジimg_02

引用元:ナレッジライフ公式HP(https://www.knowledge-pure.com/co_photo/dvF20151227135728-235.html)

プラネットimg_02

引用元:プラネットホーム公式HP(https://www.planethome-web.com/wor/200/)

Hanakoimg_02

引用元:オフィスHanako公式HP(https://www.hanako39.jp/gallery/details_216.html)